外壁のデザイン&こびとの出入り口

2012年5月11日

DSC07803.JPG

外壁はがしも、ぼちぼち終わるので、次は板張りをして、壁を塗る準備をします。
窓や出入り口の開口部も、今のうちだったら位置をずらしたり、形を変えることが可能。

そんなわけで、ザッと、全体のデザインを考えました。
ある程度テーマがないと、形にするのが難しいので、ざっくり決めて、後は現場判断でやっていこうと言うアバウトなものです。

もりちゃんと二人で話して、Earth Spiral 全体のテーマでもある、
Medicine Wheel にそって、
東→火、春→太陽 sunrise
南→水、夏→植物、成長
西→土、秋→石、土、道具(廃物利用)
北→風、冬→鳥、動き、道路に面しているので人と人との行き来(風)
というあたりを、頭において、思いついたことをやって良いかなと思います。

木造ではなかなか難しいのですが、曲線を取り入れたいという願望があり、
本当は、壁面にも曲線を取り入れる予定です。
絵でうまくかけないので、直線になってしまいました。

打ち合わせの中で出てきたもので、大事なところをいくつか。


1.こびとの出入り口

「南側は外の自然と触れ合いやすいように、縁側的なものをつけて、
すぐ外に出れるようにしよう」と私は提案をしましたが、
もりちゃんが、頭では理解するのだけれど、どうしても納得がいかないという。
そこで、どこが嫌なのかを、いろいろ質問してみたら、
「この場所ならつけてもいい」という場所が見つかった。
そして、「じゃあ、こびとさんが出入りできるような小さい入口にしたら?」といったら、
「なぜか理由はわからないけれど、それなら納得する」と言った。

私は、これは絶対「こびとさん」がもりちゃんに言わせていると思った(笑)
こびっとハウスの守り神、こびと達が、確実に周囲にいる感じがして楽しくなった(爆)

この話を何人かにしたら、笑われると思っていたが、
みんな、納得していたので、なんだか不思議だ。

そこからまた、妄想が膨らむ・・・

2.北西の展示スペース

ちょうど、北西の場所に、掲示板を置いたり、何かを展示できるスペースがある。
そこには、インフォメーションボードを置いて、そんな感じにしようか検討中。
そして、この旧家屋の中には、昔の道具が少し残っている。
そんな昔の道具を壁に貼り付けたりしたらどうか?というアイディアも出た。

こんな風に。

DSC05105.JPG

ちょっと、貼り付けは難しいかなぁ。でも、何か工夫をしたい。

空き瓶とか、今回の解体で出たトタンなど、廃物をデザインに利用するのもやってみたいと思う。

3.開口部いろいろ

開口部も、アーチっぽくしたり、いろいろ遊べればと思っています。

窓1.jpg

窓2.jpg

幾何学的なカチッとした線ではなく、
オーガニックな、なんとなく、曲がった感じは安心するような気がします。

4.外壁材

ところで、外壁材を何にしようか、ちょっと迷っていました。
できるだけ、土や木など、自然素材を使いたいなと思っていましたが、
冬の積雪を含め、このあたりの気候を考えると、土壁では持たないのでは、
ということ、そして、木にすると、高価になってしまうことなどから、
曲線のデザインもしやすく、価格的にもリーズナブルで、耐久性もある、
モルタルを使うことにしました。

モルタルだけでは、グレーっぽい冷たい感じになってしまうので、その上から塗装することに。

この雪がなければ、もっといろいろ自由にできるものがあるのに、
雪のことを考えると、「・・・」ということも多いんだよね?。

まあ、好きで住んでるのだから仕方がないか。

< ナチュラルビルディングの原則  | さっそく、こびとの出入り口が! >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー