玄関のコンクリート基礎

2012年6月27日

DSC08115.JPG

コンクリートはなんだか気に入らなくて、
玄関前も土間も、コンクリートを使うのはやめたのですが、
玄関ドアがつく部分だけはコンクリートの基礎が必要ということで、
小さい範囲なので、自分たちでコンクリートを練ってやることにしました。

準備として、まずは、コンクリートを打つ部分の木枠を作ります。

ここでのポイントは、玄関の両脇にある柱の下が、
水が入りやすい状態になっていて腐りかけているので、
下15センチほどを切断して在るので、
その下にコンクリートを流し込んで固め補強するというところ。

DSC08116.JPG

幅と長さを測り、板で囲い、板が動かないように「丸かん」というやつでとめて、
コンクリートの強度を上げるために、鉄筋を切って組んでいきます。

それができたら、いよいよ、コンクリート練り。

DSC08119.JPG

セメント:砂:砂利を1:2:4にして、セメントと同量ですが、様子を見て入れていく。
セメントはソフトクリーム、モルタルは耳たぶぐらいの硬さにするそう。

プロセスの写真は、こちらにアップしています。こびっとハウス 玄関コンクリート基礎

そして、2日たって、こんな感じで固まりました。

DSC08136.JPG

枠板は、コンクリートがつかないように、事前に剥離材を塗るのですが、
オイルマッサージ用の酸化して使えなそうなもので充分でした。

< 外構の工事  | 梁の補強 >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー