今年のこびっとはドンドコドン♪

2013年2月22日

DSC09117.JPG

こびっとハウス、ただいま冬眠中・・・ ではありますが・・・

冬眠明けのこと、ちょっとづつ進んでいます。

しかし、去年の冬は頻繁にミーティングしてたのですが、
今年は雪が多いしイベントも多くて、
なかなかじっくりとミーティングする時間も無く、
2月にはいって2回ほど打ち合わせをしました。

1回目は去年の振り返りをしました。
去年の今頃は、本当に出来るのだろうか???と思いながら、
コンセプトをつくりデザインを考えやっていたと思うと、
あそこまで出来たということは本当に感慨深いことです。

やってみることで、自分達が出来なかったことが出来るようになったし、
いろいろな人たちのかかわりの中で、新しいアイディアが生まれたり、
新しいつながりが出来たり、本当に多くのことが起きた1年でした。

「方向性を決める」ことと「流れに任せる」こと
一見対立するこの感じを、行ったり来たりしながら、
今年も進めていけたらいいかなと思いました。

DSC09227.JPG

2回目の打ち合わせは、今年着手する建物内部のことを話しました。
まず、どんな風に利用するかというイメージを出していったところ、
・お茶の間
・ワークショップスペース
・インフォショップ(情報発信)
・こだわり物販
・個展、ライブ、ギャラリー
などが出てきて、

ふらっと立ち寄って、おしゃべりしたりお茶が出来て、
そこで交流が生まれる場所であり、
週末にはいろんなイベントが行われたり、というようなイメージ。

ハード面としては、
囲炉裏、ロケットストーブ、舞台をつくるという案が、今までに出ていたので、
舞台をどこに作るかという話になり、検討した結果、
和室の一角、こびとの出入り口がある場所で、
もともと床の間だった場所に舞台をつくるという話になりました。

直感でつくった小人の出入り口ですが、そこに舞台がつながることになりました。
DSC08878.JPG

しゃがまないと入れない小さいドア。
はっきり言って、機能的には意味がないものですが、
茶室の出入り口のように、異空間への出入り口というイメージを持っていました。
人間界と自然界を繋ぐ場所であったり、心の外の世界と内の世界を繋ぐ場所であったり。
そこが、舞台とつながっていくというのは、とても意味深いものだなと思います。

今年も相変わらず、直感や思いつきにしたがって、
いろいろ考えています。

そんな2月のある日、ジャンベ奏者の岩原大輔さんが、
雪2メートルの裏磐梯に遊びに来てくれました。

ジャンベといえばアフリカン、暑い所!というイメージなのに、
こんな雪深い場所にわざわざ。
磐梯山を見ながら外でジャンベ叩きたいなーとか言っていたら、
そんなこんなで6月2日に岩原さんのワークショップをやることになりました。

ほらほら、なんか繋がってきた気がしませんか・・・。

ということは、まずは、舞台からつくるのがいいのかなぁ・・・。
まずは、和室の端材をかたずけなければ!!!

とにかく、6月2日のジャンベワークショップが出来るように、
こびっと工務店のお仕事は始まることとなりました^^

DSC09201.JPG

 | 2013年 こびっと工務店の打ち合わせ >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー