こびっと もりのくらし道場

2014年5月 4日

DSC08350.JPGのサムネール画像こびっと もりのくらし道場

裏磐梯の新緑芽吹く5月末より、「こびっと もりのくらし道場」をはじめます。
新しい世界をつくるために、自分の外側の世界と内側の世界を探求していきます。
道場の目的は、大きなシステムに力を預けた状態であきらめるのではなく、
自分の持つポテンシャルやクリエイティブな力を使い、
現実を思う方向へ変化させていく力を、ひとりひとりが取り戻すこと。

そして、実際に現実を変えること。そのためには、
自分の「外側」と「内側」の双方を変容させることが両輪になる。

「できない」を「できる」にするために、
もやもやからはじめよう!
『こびっと もりのくらし道場』


◆何を学ぶか?
1.これからの世界をつくる新たなる世界観を知る
2.地球で生きるための礼儀作法とサバイバル術(エコリテラシー、パーマカルチャー)
3.思い込みや制限をはずし、アウェアネス(気づく力)を高め、自分と世界のポテンシャルを引き出す(プロセスワーク、ボディワーク)

◆道場で目指すこと
「道場」というからには、修業であります(^^)/ 修業好きの方、ウェルカム。

1.知識と体験の学びから自分のライフスタイルを再考する
2.「やりたいけど、できない」というジレンマを超える
3.自分で自分の人生をつくる力を取り戻す

この講座では以上の3つのポイントに基づく知識や知恵を学び、体験し、自分の暮らしの中で変えたい課題を持ち寄り(畑でも、お部屋のリフォームでも、自分の生き方でも)を学んだことをもとに、具体的に日常の変化につなげていくところをゴールにしたいと思います。ひとりひとりが暮らす場所や今のライフスタイルにより、自分が出来ることはそれぞれ違ってきますが、それぞれが自分の思う方向へ向かい、お互いに連携できるような場にしていきたいと思います。

会場写真.jpgのサムネール画像◆会場:こびっとハウス@裏磐梯(福島県耶麻郡北塩原村桧原曽原山1096?108)

◆日程:5月?10月 第4土日 時間はカリキュラム表をご覧ください。
(4時間×12回、48時間)

*近隣の方は通いOK。
*宿泊の場合、宿はご自身で手配をお願いします。
(ペンションやキャンプ場などがたくさんありますので、ご紹介いたします)
*2日目午前中に、畑やこびっとハウスの作業など体験可能です
(自由参加、内容はその都度お知らせします)。

◆カリキュラム概要
こびっと もりのくらし道場 カリキュラム.jpg

プロセスワーク.jpg【プロセスワーク???】5/25、7/27、10/26
日常の忙しさの中で、自分の中の小さな声や、もやもやしたはっきりしない感覚は、あっというまに意識の外に放り出されてしまいます。しかし、そこで起きる、もやもやしたもの、マイナスの感情などは、自然界にいろんなお天気があったり多様な生き物がいるように、自分の中に起きてくる自然なことなのです。それをゴミ箱に入れてぽいっと捨ててしまうのではなく、生ごみや落ち葉から土を肥やす堆肥が出来るように、ちゃんと大事にして発酵させて循環させていくことで、さまざまなものが回りだすのです。
ここでは、自分の中の起きることをそんな風に捉えます。まずは、自分の中の小さな声やもやもやをノートに書きだすところから初めて、自分が前に進むことを阻んでいる「何か」ときちんと対話をしてそれを超えていくこと、「できない」「無理」と思っていたことが「できる」になったり「現実」になることを目指したいと思っています。
*プロセスワークとは?

neko1.JPG【ボディワーク???】6/29、8/24、9/28
自分の体を意識する時は、どんな時でしょうか?痛みがある時などで、日常の意識では体のことは忘れてしまいがち。体はいつも自分とともにあり、様々なことを感じて生きています。ここではフェルデンクライス・メソッドというボディワークの考えに基づいたワークを行い、自分の体が普段どんな動きや姿勢をしているかに気づいていきながら、もっと楽に動ける方法を探求していきます。体はそこにある当たり前のものになっていますが、このワークを通じて身体感覚の意味を捉え直すことになります。体を通して得た感覚は心や社会の問題にも応用できるものなのです。また、自分の身体感覚を養った後に、身近な人たちにできる簡単なハンズオンプラクティスや、自然療法を使った季節ごとのケアについても学びます。
*ボディワークとは?(フェルデンクライス・メソッドとは?)

ホリスティック.jpgのサムネール画像【5月】
5/24 『ホリスティックな世界観とセルフケア』
これまでの時代は、ココロやカラダ、人や自然を切り離して理解するという要素還元主義的な世界観の上に成り立っていますが、現状を見るとそれでは多くの問題が解決できなくなってい状況に陥っています。ホリスティックとは「全体性」「包括的」という意味で、物事を判断する時にさまざまなつながりも考慮していく考え方です。例えばホリスティック医学では、症状だけではなく患者さんのココロや価値観、住む環境までも考慮して治療法を考えます。その考え方を知り、自分自身をホリスティックな視点でケアする方法についてのお話と体験をします。
5/25 『プロセスワーク?』*

DSC09787.JPGのサムネール画像【6月】
6/28 『植物の力(植物観察・植物療法)』
こびっとハウスの敷地内にある植物は100種類を超えます。その中には薬用、食用、クラフトなどに役立つものなどが多くあり、役に立たないものの方が少ないぐらいです。この回は、生命力あふれる裏磐梯で実際に植物を観察し、薬草などの利用方法を紹介します。長い歴史の中で人間は衣食住の多くを植物に頼って生きてきましたが、これからの自然との共生を考えた時に、放射能のことも考慮しつつ、何をどう使ったらよいのかも考える回にしたいと思います。
6/29 『ボディワーク?』*

畑.jpgのサムネール画像【7月】
7/26 『パーマカルチャー?(台所?畑 循環するデザイン)』
台所は自然との共生や循環する暮らしの要となる場所です。そこでは「栄養循環」(食べるものの循環)と「水の有効利用」が大きくかかわってきます。普段の皆さんの「食」はどこからきてどこへ消えて行っているでしょうか?ここでは、食べるものを「台所?畑?再び台所」と循環させるために知るべきことを学びます。また、水は「無駄なく使ってできるだけきれいなまま返す」というのが原則に基づき、水利用について学びます。そして、今の自分の暮らしの中に循環するデザインを考えてみます。
7/27 プロセスワーク?*

ソーラークッカー.jpg【8月】
8/23 エネルギーシフト(節電とエネルギーの選択)
原発事故後、自然エネルギーへの注目がさらに高まっています。しかし、実際にエネルギーシフトを起こすにはどうしたらよいかは、個々の中ではあいまいな部分が多いのではないでしょうか。私たちの住む家には、太陽光パネルと薪ストーブが設置しており、エネルギーの自給率は、車のガソリンを除けば100%をゆうに超えています。これを実現するには、自分たちが必要なエネルギーと、どれだけ節約できるのかを知らなくてはいけません。また、地域の気候やその他の条件により、ベストな選択は異なってきます。ここでは、エネルギーについての知識を整理し、自分の暮らしの中でのエネルギーシフトを考えていきたいと思います。
8/24 ボディワーク?*

空間デザイン.jpgのサムネール画像【9月】
9/27 パーマカルチャー?(暮らしの空間デザイン)
デザインというのは単に見た目を美しくということではありません。暮らしの空間であれば、自分のライフスタイルに沿って、機能性と美しさを兼ね備えたものにしていくことを考えます。自分の想いと現実をしっかりととらえた上で、コンセプトを考え、現状の問題点の解決策を考え(ストラテジーデザイン)、自分の想いを一つ一つブレイクダウンして形に落とし込んでいきます。
ここではパーマカルチャーデザインの原理原則と、Earth Spiral、こびっとハウスのデザインから施工までの事例をお話します。そして参加者が、実際に自分の生活空間を改善することにどう役立てたらいいかを考えていきます。デザイン?実践のプロセスは、想いを自分の力で形にしていく訓練でもあります。

9/28 ボディワーク?*

コミュニティ.jpg【10月】
10/25 コミュニティと未来の仕事
新しい世界をつくるのに避けて通れないのが、経済とコミュニティのこと。大きなシステムから外れてどうやって仕事をつくり生きていったらよいか? どうやって地域コミュニティになじみ、助け合い、支えあいの場をつくっていくか? 私たちも、まだまだ試行錯誤のところですが、試行錯誤の現状、他地域の事例、情報などを紹介したいと思います。そして、自分たちが自分の暮らす場所で、今できることを、考え、みんなで話したいと思います。
10/26 プロセスワーク?*

*気象条件、その他により、内容が変更になる場合もあります。
その際は事前にお知らせします。
*持ち物などは、その都度お知らせします。

◆定員:10名(通年参加者)
*空きがあれば単発参加可

◆対象:
地に足の着いた暮らしを学び実践したい方、
パーマカルチャーを知りたい方、パーマカルチャーの実践の場を知りたい方、
物事を見る視野を広げたり、現実の問題に対処できる応用力を付けたい方、
似た価値観の仲間をつくりたい方、もうちょっと楽に生きたい方、
裏磐梯でリフレッシュしたい方など^^

◆参加費:

●5月~10月の第4土日(1日4時間、合計48時間)通年でお申込みの場合
通年申込割引:48,000円 → 42,000円 
(1日当たり単発受講料金より500円割引となっています)

●3月31日までに通年でお申し込み&お振込みされた場合
通年&早期申込割引:48,000円→36,000円
(1日当たり単発受講料金より1000円割引となっています)

●単発参加の場合 土曜は3,000円、日曜は5,000円となります。
*参加希望の月日をお知らせください。
*通年受講の方を優先的に受け付けますので、3月末までは仮受付となります。
空きがあれば受講可能となりますので、4月1日以降に受講可否をお知らせいたします。

◆講師・スタッフ

もやもや.jpgのサムネール画像事件は現場で起きている! 
現場重視の講師・スタッフ3名です^^
道具や技は使ってなんぼ、いくら、箱の中で知識や技を学んでも、
自分の人生に生かすことが出来なければ、宝の持ち腐れです。
一緒に学びながら、悩みながら、
自分の人生を生きる、自分の物語を生きる仲間になってくださ?い。
あなたのお悩み、もやもや大歓迎。

anju.jpgのサムネール画像のサムネール画像
安珠(あんじゅ) 
ボディワーカー/ナチュラルメディスン研究家/パーマカルチャリスト
広告・編集に携わった後、1996年よりアロマセラピストとして活動を始める。東京都内でストレスケアのセッションルームを開設、精神科・心療内科でもアロマテラピーの施術や指導を担当。自然と共生する暮らしを目指し2009年に福島県の裏磐梯に移住し食やエネルギーの自給などを実践。2011年3月の大震災後は、ポスト311の生き方を模索する対話の場づくりを始め、2012年より敷地の古い家屋を自分たちで再生させる「こびっとハウスプロジェクト」をスタート。只今、学びやつながりの場づくり中。著書:『ストレスケアのためのアロマテラピー』『パーマカルチャー?自給自立の農的暮らしに?』(共著)ほか ブログ『Spiral Earth』

もりぞう.jpgのサムネール画像
森橡(もりそう 中森正茂) 
Earth Spiral代表/こびっと工務店店長
大手電機メーカー退職後、ジャパン・フォー・サステナビリティーという環境NPOへ転職し、現在在宅勤務をしながら、日本の環境情報を世界へ発信中。サラリーマン時代に環境保護や環境問題への関心が高まり、農的な暮らしの実践を学ぶために2007年から2年間藤野でパーマカルチャーを学ぶ。雪国育ちの気質と学生時代体育会系で鍛えた体力と根性で(^^;、目下「こびっとハウス」をこつこつとセルフリフォーム中。特にエネルギー自給に関心が高い。最近は、木削りにはまっていて、いろいろと試作中。家の中が温かみのある木工用品で囲まれるような暮らしにしたいと思っているこの頃。

タケさん.jpg
桐山岳大(キリヤマタケオ)
ファシリテーター/セラピスト/演出家/湧式呼吸法インストラクター候補 。
青年期に道を失い、レストランで皿洗いをしながら役者をし、28歳で大学に入学。その後プロセス指向心理学を体得し仕事を始める。街と自然の中を行ったり来たりし7年間山の中で生活しながら現在に至る。3.11以降、毎月一週間近くを福島県で過ごし働いている。絡まっている何かを解きほぐし淀んでいる流れに身を投じ、多様な声に耳をすませながら逆境を生きる仲間と対話の場をつくっている。珈琲を焙煎し、味噌を仕込み、リサイクルをするのが趣味であり日々を楽しんで生きている。月の光相談室 カウンセラー、までいな対話の会 ファシリテーター、こびっともりのくらし道場講師。

DSC00411.JPG
くるみ&わさび

ご参加お待ちしてまーす.jpg
◆お申し込み方法
必要事項をご記入の上、メール、またはフェイスブックのメッセージにてお申し込みください。
aromagroove(アットマーク)gmail.com
Earth Spiralのフェイスブックページにメッセージ

1.?お名前?ご住所?連絡先のお電話番号?この講座に期待することをひとことご記入の上、上記の申し込み先までご連絡ください。
2.受付確認と以降の受講手続きのご連絡を差し上げます。
3.受講料お振込みいただいて、正式に受講成立となります。

*お問い合わせも同じ連絡先にお送りください。
*宿泊その他のご相談もお気軽にお問い合わせください。

●もっと、こびっとハウスについて知りたい方は→こびっとハウスについて(こびっとまつり2013HP より)

< 花粉症とカラダを整える呼吸の役割  | こびっと もりのくらし道場 歓迎の言葉 >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー