室内の壁塗り&葉っぱのお皿

2014年7月 1日

DSC01805.JPGのサムネール画像

昨年秋に、予定通り外壁が終わり、ほっとしたのと、
こびっともりのくらし道場の準備や畑の忙しさが重なったのもあり、
なかなか、今年はこびっとハウスの作業にかかれませんでした。

やっと、6月15日から、内側の壁塗りをはじめました。

まずは、内壁剤がどんな感じが試し塗りということで、ひと缶開けてみます。

DSC01797.JPGのサムネール画像

白い漆喰のような感じのものに、色を混ぜていくようです。

DSC01800.JPGのサムネール画像

DSC01808.JPGのサムネール画像

キャラメルクリームみたいで美味しそう!

DSC01807.JPGのサムネール画像

塗装するところは、元の壁材ははがしてあり、モルタルの状態です。

DSC01830.JPGのサムネール画像

余裕がなくて、塗ってる最中の画像はありませんorz

柱にマスキングテープを付けて、1?4ミリぐらいの厚さに塗っていきます。
葉っぱのお皿を貼るところは、少し集めに塗ります。
ペタッと貼りつけると、毛細管現象によって、吸い付いてくれました。

DSC01826.JPGのサムネール画像

塗るペースが今一つつかめず、あまりそうだった壁材を一生懸命塗っていたら、
日が暮れてきてしまって、電気のないこびっとハウスは真っ暗。
でも、次の朝、見に来てみたら、ガラスブロックから差し込む光が、
壁に落ちて、葉っぱと壁が美しく見えました。

暗い中、手探りでやった、ワインの瓶の周りも、
ちょっと、テクスチャーが荒いけれど、まあまあいい感じに。

DSC01824.JPG

外壁と違って、窓からの光の入り方が、場所によって、
時間によっても違うというのが、内壁の面白いところ。

今回はためしに何か所かやってみて、光の入り具合をよく観察して、
他の場所もやるといいな?、ということに気づきました。

それにしても、モルタルが大変だったので、
普通の壁塗りは、結構、楽かも。

< こびっと もりのくらし道場 歓迎の言葉  | こびっと道場の壁ぬり&猪苗代湖の石たち >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー