柱のナチュラルペイント

2014年9月29日

DSC03150.JPG

後で紹介する、壁画制作につかうべく、天然の塗料について調べました。
そこで、紅茶も塗料になることを読んで、柱をそれで塗ってみようということになりました。

DSC03171.JPG

紅茶はグツグツに出します。

DSC03214.JPG

そして、酸化鉄を使って色を出します。

要は、染色と同じ。

紅茶のタンニンが酸化鉄と反応して茶色?濃いめの茶色に変化していきます。

DSC03178.JPG

これが、塗っているところと塗っていないところの違い。

DSC03246.JPG

これが、

DSC03248.JPG

こうなります。
クリーム色の明るい壁に濃茶色の柱が引き立つようになりました。

DSC03204.JPG

こんな風に壁に絵も描けます。

紅茶ではなくコーヒーでも同じことができます。
賞味期限切れのものの利用にもなります。
酸化鉄も、さび釘を酢に浸すことで1晩おけば、酸化鉄の液ができます。
うちでは、木酢液を使いました。
ちょっと、匂いが気になるときには、
これまた消費期限切れの精油をまぜることもできます。

この、無駄のない感が気持ち良いのです。

< こびっとハウス 押入れの変容  | 廊下の床貼り >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー