土間の壁塗り- 地味な下処理

2014年11月11日

DSC02777.JPG

リフォーム作業というものは、新築と違って、
以前の状態が残っているので、
厄介な部分もいろいろあります。
その一つが壁剤。

こびっとハウスのもともとの壁は繊維壁という
キラキラが入った壁でした。

DSC07233.JPG

これが、場所によって状態の良いところ、
ボロボロのところがあります。
また、はがすとピリピリっときれいに気持ちよくはがれるところ、
へばりついてはがれないところがあります。

しかし、これをしっかりはがさないと、
後から塗り壁をしてもムラになったり、
はがれたりしやすいということで、
しっかり、きれいにはがすことに。

それをするために、試行錯誤しましたが、
冒頭のたわしなどが大活躍しました。

DSC02778.JPG

DSC02776.JPG

同じようなことで四苦八苦している方のブログがありましたので、
参考までに! 古民家DIY 繊維壁リフォーム

それから、壁の各所が破損していたりするので、
その修正も必要でした。

DSC02914.JPG

地味な作業もコツコツとやるもりぞうさんです。

壁塗りの作業は、繊維壁をはがしたもとからあった壁は、
平らなので、サクサク塗ることが出来て、
外壁のモルタルを去年ずっとやっていたことを考えると、
楽勝な作業です。

DSC03234.JPG

でも、モルタルを塗ったところは、
曲線を付けている壁なので、
壁剤がどうしても厚くなってしまい、
また、均等な厚さに塗ることができないので、
なかなか難しい場所でした。

それでも、去年の外壁と比べたら、楽勝でした^^

< 土間の壁 - モルタル・葉っぱのお皿など  | マシマタケシ古代精霊壁画制作会レポート 1日目 >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー