マシマタケシ古代精霊壁画制作会レポート 1日目

2015年1月25日

DSC03508.JPG

レポートを書くのがだいぶ遅くなってしまいましたが、
画家のマシマタケシさんによる、こびっとハウスの
壁画制作会が2014年9月24日-26日に行われました。

事の発端は、フェイスブックでマシマさんが、
「今年はいろんなところに行って滞在しながら絵を描きたいので、
受け入れてくれる方がいたらメッセージください」
というような呼びかけをされていたので、
さっそく連絡をしたところから始まりました。

9月ぐらいに行けるかな、ということでした。
こちらは中の壁塗りを行っていて夏ぐらいになると、
和室の壁がだいたいできてきたので、
「壁画を描いてもらったら楽しいね」という話を
もりぞうさんとしていました。
そのことをマシマさんに伝えたところ、
快く提案を受け入れてくださいました。

8月に東京出張に行った時に会って、
どんな段取りでやるかを話しました。

「1日目は建物の経絡探しをやって、
僕が下絵を描くので、2日目にみんなで
それを描いていくという感じかな」という話をして、
できれば土などを使うなど、自然素材で描けたらいいね、
というところまで話をしました。
私の方は、それからナチュラルペインティングのことを
調べたりして、使えるものをピックアップしました。

参加を希望してくれた方々は、ざっくりした告知を見て
「ピン!」と来た人たち。
前からの友人もいれば、
今回初めてお会いする方もいるというような状況。

9月24日の当日は、マシマさんが到着する前に、
参加者全員がそろって、お茶を飲んでいました。
そこに、マシマさんがのった路線バスの音がして、
こびっとハウス前で停車(笑)。
この辺だとバス停以外でも言えば停まってもらえるのです。
こびっとハウス玄関前で、
バスを降りてくるマシマさんをお出迎えしました。

ちょっと、休憩のお茶をして世間話をして、
しばらくすると「もうはじめていいかな?」とマシマさん。
「今日は、僕の大事な壁画の本を持ってきたので、
ここから描きたいものを紙に下書きして、
それを壁に描きましょう」と。

あら、段取り違うんですけど、ま、いいかというはじまり(笑)

DSC03400.JPG

壁画の画集をみんな回してみているうちに、
マシマさんがお話をしてくれました。

DSC03401.JPG

昔の人は地底に神がいると考えていた。
キリスト教の時代になって神は天にいることになった。

洞窟は地底とつながる場所。
古代に人はそこに壁画を描いた。
洞窟の壁に種を埋め込んだのであろう。
洞窟は子宮のようなもの。

そんなマシマさんからのレクチャーがあり、
マシマ先生の大事な壁画の写真集を見せてもらい、
それぞれが描きたい絵を選んで紙に写し取りました。

まずは、マシマさんが描くのをみんなで見ました。
画材は、用意していたベンガラを使うことに。
この赤い色が何とも言えない。
古代な感じ。

DSC03415.JPG

マシマさんが筆をとり、白い壁に赤い絵の具で描き始めると、
何とも言えない空気が流れました。

「かわいい?」
と言いながら描くマシマさん、
みんなも「おお?」と言いながらも、
あっという間に、自分の書きたい場所に散り、
思い思いに壁画を描き始めました。

なんでしょう、この、躊躇ない人々は^^;

DSC03421.JPG

DSC03418.JPG

私が自分が描く絵を選んでいる間に、
みんな、終わっちゃって、
皆が描いている写真があまりないのです...。

DSC03436.JPG

わたしは、この妙な魚を描きました。
鉛筆で紙に写しているときは、
なんだか、複雑な魚の絵だなと思いました。
壁に描き始めたら、古代人は筆じゃなくて、
何を使って描いていたのだろうと思ったりして、
落ちている枯れたヨモギの茎を拾ってきて、
描いてみました。

DSC03423.JPG

なんだかいい感じ。
古代人のスピリットが乗り移った気分で、
この絵を完成させました。

DSC03437.JPG

それにしても2日かけようと思っていたことが、
ものの30分で終わってしまったのです。
皆に古代人が乗り移ったのか...。

マシマさん曰く、
「初めて壁画を描く人が、
まっさらな壁に何の躊躇もなく描くというのは、
見たことがないよ」

という壁画制作1日目でした。
続きはまたあとで。

他の壁画制作会の写真はフェイスブック上にあるので、こちらをご覧ください。
古代精霊壁画制作会1日目

< 土間の壁塗り- 地味な下処理  | マシマタケシ古代精霊壁画制作会レポート 1日目つづき >
『AJの単なるつぶやき』
ツイッターまとめブログ
■安珠の森の時間だより

日本の森のことを考える『私の森.jp』に不定期で記事をアップしています!トップページの下にある『安珠の森の時間だより』をクリックしてください。

■カレンダー